羞人たち


記事の内容

前へ | 次へ

優香 第八章 4
2010/06/09 20:44

 教室に入ると、後ろから付いてきていた千夏がドアを閉めた。廊下はまだざわついている。

 女子たちは無関心を装っていたが、事情を知らないクラスの男子は、下着姿で現われた優香を見て奇声を上げた。

「おいマジかよ、その格好で歩いてきたのか!」
「いよいよ頭おかしくなったんじゃねえの!」
「クラスの中だけじゃ飽きたってわけか!」
「とんでもない露出狂だな!」

 優香はそうした男子の罵声に恥ずかしさを新たにし、引き攣った顔で、制服を返してくれるよう千夏の方を向いたのだったが、千夏は制服を返すどころか、優香にこう言ったのだった。

「制服返す前にさあ、みんなにちゃんと説明してよね。これじゃあまるであたしがいじめてるみたいじゃない。自分がやりたくてやったって、そう説明してよね」

 そして優香をクラスメートたちの方に向かせ、後ろから優香のパンティをTバック気味に食い込ませ、その丸だしのお尻をつねるのだった。

「さあ早く!」と千夏のイライラした声。「それともブログのことばらしていいの?」

 しかしそれでも優香は俯いたまま黙っていた。すると堪忍袋の緒を切らした千夏がいきなり大声で、

「みんな聞いて! 優香ちゃんはいまブロ……」

 すると優香が大声で遮った。

「やめて! わかった、わかったからそれ以上言わないで!」
「ったく! だったら最初からそうしろよな。いいかちゃんと笑顔で言うんだぞ」

 そして優香は耳元に囁かれる千夏の言葉を、遠い意識の中で、ほとんど意味もわからず、クラスメートたちに向かって復誦するのだった。

「あの……これはいじめなんかじゃありません。私がやりたくて……裸で学校の中を歩きたくなって……したのです。学校中の人に……私の下着姿を見てもらいたくて……それで制服を……親友の千夏ちゃんに預かってもらって……更衣室からブラジャーとパンツだけで……たくさんの人に見てもらいながら……ここまで歩いてきたんです……」

 呆然と聴き入るクラスメートたち。

(ねえ笑顔は? にっこり笑ってみせなよ!)と後ろから千夏がお尻をつねりながら囁いた。

 優香はもう自分で何をやっているかもわからずに、にこっと、まるで本当に楽しいことがあったように、笑顔を浮かべた。その作りものではない笑顔に、クラスメートたちは騒然とした。

「こりゃ本気だぜ!」
「本気でやりたかったんだ!」
「じゃなきゃあんなふうに自然に笑えるかよ!」
「最ッ低ね! 更衣室で嫌がってたのは実は嘘だったのよ!」
「ホントは命令されて嬉しかったんだわ!」

 そんなクラスメートの言葉も今の優香の耳には入らなかった。薄れかけた意識の中で、つねられるお尻の痛さの条件反射で、ただ笑顔を浮かべる、そのことしか頭の中にないのだった。クラスメートの前で自分が下着姿でいることも、いま宣言した言葉も、また今この自分の浮かべる笑顔が同時に自分が変態だと認めることを意味しているということも、頭の中にないのだった……

 やがて休み時間の終わりを告げるチャイムが鳴った。

「おい変態! いつまで裸でいるつもりなんだよ!」という千夏の声で優香は我に返った。が、我に返ると今の自分の状況を再度はっきり意識して、再び引き攣った泣き顔で、千夏の方を見た。

(お願い! 早く制服返して!)

 焦っていたためつねられたお尻の痛さも(そこには今は真っ赤な跡が付いていた)、またTバックに食い込まされ自分のお尻が丸だしになっていることも、優香は忘れているのだった。そんな彼女のぷりぷり揺れる白いお尻を、クラスメートたちは軽蔑を含んだいやらしい眼差しで眺め回した。

「この露出狂! 早く着ろよ!」

 と言ってようやく千夏は鞄の中から制服を取り出して優香に渡すのだった。

 優香は受け取った半袖のセーラー服を急いでその場で着た。

「さあ、次は!」

 と優香は続いて受け取るはずのスカートを待った。が、千夏はこれで終わりとばかり、知らん顔をして、いっこうに渡そうとしない。

「ねえ、早く! 次にスカートは?」

 すでにクラスの皆は各自着席して教師の来るのを待っていた。もう今にも教師が現われそうだというのに、優香は上は制服、下はパンツ一枚という格好で、焦りと恥ずかしさにもじもじながら千夏に詰め寄るのだった。

 と、わざらしく鞄の中をごそごそやっていた千夏は、これもまたわざとらしく、すっとぼけて、

「あれ、スカート更衣室に忘れてきちゃったみたい。それともどっか廊下に落としたかな……だから次の授業はその格好で我慢して。ごめんね」

 そしてそう言い残すなりさっさと自分の席に着いてしまうのだった。優香はその後を追おうとしたが、そのとき教室のドアが開いて、教師の手が見えたので、優香はそのままパンツ一枚で、慌てて自分の席に座るのだった。

「おいおい、パンツ丸だしで授業かよ」
「ばれたら大変なことになるぞ」
「どうせだったらパンツも脱いで、おま〇こ丸だしでやってくれよな」

 横からも後ろからも、優香のパンツはまる見えだった。学校の固い木の椅子に腰掛ける優香の、上はセーラー服をちゃんと着た、しかし下は白いパンティだけという格好の、その不自然さはいかにも卑猥な姿だった。

(いやっ! みんな見ないで! 恥ずかしいよ……)

 しかしこんな格好ではどこへ逃げることもできないのだった。クラスメートに下着を晒しながらも、このまま椅子に座っていることが唯一の安全な道なのだった。

 起立、礼は何とか中腰でごまかせた。このまま一時間何事もなく済めばいいが、もし教師に指されでもして、立つことになったら、一貫の終わりだ……

カテゴリ:優香

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ