FC2ブログ

羞人たち

趣味で書いた羞恥小説 18禁です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

優香 第十二章 17

 グラウンドの端に追い込まれてしまった優香。居並ぶ観客たちが見守るなか、上半身裸で、騎馬に乗せられて、後ろ手に両手を縛られているので胸を隠すことが出来ない。その彼女の丸出しの乳房を見て観客は卑猥な野次を飛び交わす。優香は顔を真っ赤にして堪えるしかなかった。隠すことの出来ない自分の胸を、観客のいやらしい視線に晒し続けるしかなかった。

 そして、そんな優香のもとへ迫ってくる敵の四体の騎馬。横に大きく広がって、相手の騎馬を取り囲みながら接近していたのが、段々近くなるにつれ、敵を囲む輪を小さくしていく。

 やがてもう抜け出す隙間もないほど接近されてしまった。またしても優香は、勝ち誇る四体の敵に完全に包囲されてしまったわけだった。加えて今は、見守る観客も、不動の壁となって、すぐ背後に立ちはだかっていた。

「よし、追い詰めたぞ」と目の前に来た敵の騎馬が言った。「今度はもう逃がしてやらないからな」

 別に逃がして欲しくなんかなかった。優香が願うのは、もうただ一つのことだけ、一刻も早く負けてこの衆人環視の裸地獄から解放されることだった。だから優香は何も言わず、ハチマキを奪いやすいようやや前かがみになって、頭を相手の方へ差し出す姿勢を取った。

 と、彼女のその前傾姿勢を見て、背後の観客たちの間で何やらざわざわし出した。

「おい、あれ見ろよ」
「おお、半ケツじゃねえか!」
「ズボンがずり下がってるんだ。ケツの割れ目がまる見えだぞ」
「こりゃいい。胸の次はお尻ときたか!」

 どうやら逃げている間にずり下がってしまったらしい。もともとブカブカだった優香の短パンのウエストが、逃走の激しい震動と、夢中でいて気づかなかったために、もうかなり下の方へ下がってしまっていた。それは半ケツ……どころかほとんどお尻の終わりくらいまで下がっていて、優香のぷりっとした白いお尻の、ほとんどが見えてしまっていた。さらにいま彼女が前傾姿勢を取ったために、その奥のオマ○コまでが、あやうく見えてしまいそうだったのだ。

(なに? みんな何をそんなにざわついてるの……? 胸……? 胸はもうさっきから見てるでしょ…………あっ!)

 そこでようやく気がついた。優香は、指を伸ばして(手首は縛られていたが指は自由だったので)自分のお尻がどうなっているのか確かめた……。

 柔らかい肉の感触、露出した皮膚の冷たい肌触り、微かに汗ばんだ中央の割れ目……優香は丸出しのお尻に触れたのだった。

「いやっ……!」

 と小さく叫んで短パンを直そうとする。が、時すでに遅かった。もうほとんど足の付け根あたりまで下がっていた短パンは、後ろ手に縛られた彼女の指では届かなくなっていた。わずかにぎりぎり中指の先でウエストに触われたが、それを上に持ち上げることは、どんなにがんばっても……できなかった。

「やっと気づいた? ケツ丸見えだぞ」

 と、優香を乗せた後ろの騎馬の男子が言った。彼は優香の丸出しになったお尻を、すぐ目の前で見ることができていた。そしてさらに座席となった腕で、優香のお尻を、じかに感じてもいたのだった。赤ちゃんのようにすべすべで、柔らかい、田辺優香の生のお尻の肌触り……優香が無意識に力を入れるとキュッと固く引き締まる、その筋肉の感触までわかった。

「いやっ……見ないで。ど、どうして教えてくれなかったのよ……?」

 優香は座席となった男子の腕に、じかにお尻を触られていると知りつつも、それをどうすることもできず、恥ずかしそうに言った。

「俺も必死に走ってて気づかなかったんだよ、まさかお前のケツが目の前で丸出しになってるなんてな」
「ねえ、もう騎馬から降ろして……どうせ負けなんだから、ね、もう騎馬を降ろそうよ……」
「いや、そういうわけにはいかない。勝負は決着がつくまでやるっていうのが男の世界だ、たとえ負けるとわかっててもな。それにさぁ、もうケツくらい見られたっていいじゃん。もうどうせおっぱい丸出しなんだからさ、他にどこ見せようが別にいいんじゃないの?」
「よ、よくない……! いいわけないじゃない……!」
「でもお前はよくなくても、俺はこのままの方がいいんだよ。何しろ、せっかくおっぱい丸出しなのに、俺は後ろにいるから、そのお前の丸出しのおっぱいが見えないんだぞ。わかるか、俺のこの気持ち? だから、代わりにケツくらい見せてくれよな」

 そう言うとその男子は、優香のお尻が乗っかっている腕を、撫でるように横に動かした。

「きゃッ……! やめて、なにするのよ……!」
「別になにもしてねえよ。そろそろ疲れてきたから、ちょっと動かしただけじゃねえか」

 言いながら男子はやはり腕を動かして優香のお尻を撫で続ける。そして、徐々にエスカレートしてきて、やがてお尻の割れ目に突っ込んでみる。汗で微かに湿っていて温かかい、優香のお尻のくぼみの感触……。

「いやぁっ……やめてよ、もう……!」

 そう言うと優香は男子の腕から逃れようと、思わず座席から腰を浮かしてしまった。

 が、それはこの状況、この場面では、絶対にやってはいけないことだった。なぜなら腰を浮かせて姿勢が垂直ぎみになると、座って腰を曲げていることで食い止めていた箇所から、短パンが、下へさらにずり落ちてしまうことになるからだった。優香はそのことにまったく気づかず、ただもう男子のいやらしい腕から逃れたい一心で、騎馬の座席から腰を浮かせてしまった。

 あっ、と言ういくつかの声が彼女の耳に聞こえた。

 嫌な予感が頭をよぎった……すぐさま優香は、その腰を浮かせたままの状態で、何やら風通しのよくなったような感じのする自分の下半身を見下ろした。

 視界の中ですべてがスローモーションになって見えた。そのスローになって見えたものとは……もはや食い止める障害がなくなり、するすると膝の方へ滑り落ちていく短パンと、同時に唯一隠してくれていた短パンがなくなり、丸見えになってしまった股間、無毛のおま○この恥ずかしい筋。落下した短パンは、騎馬の座席の男子の二本の腕に引っ掛かり、彼女のちょうど膝の辺りで落下をやめた。

 あっ、と同時に叫んだのは、いきなり目の前に現われた優香の股間を正面から見た敵の男子と、いまや完全に露出した優香のお尻を背後で見ていた観客たちだった。そしてその優香のお尻を見上げていた観客の何人かは、その奥の、彼女の女性器をも、見てしまったのだった。

「いやぁぁあ……!」

 優香はもうグラウンド中に響き渡るような大声で悲鳴を上げた。

 これではもう全裸も同然だった。ずり落ちた短パンが無意味に膝を隠しているだけの、もう全裸同然の姿だった。胸もお尻も丸出し、さらには股間も丸見えの、生まれたままの姿だった。しかもその場所は、体育祭のまさに行なわれているグラウンドの、観客・生徒百人を超える人々の注目を一心に集めている中で……だった。

(うそ……うそよ、こんなこと絶対に……)

 優香は騎馬の上に立ち上がったその高い位置から、観客の方を見ながら思った。胸も股間も丸見えの自分の裸を、じっと見上げている観客のたくさんの顔。赤の他人ばかりの、当然話をしたこともない人間たちに、自分の生まれたままの姿を晒している……。こんなことが本当にあり得るのだろうか。服を着ている百数十人の人間の中で、自分だけが全裸で、しかも男子に混じって騎馬戦をしているなんて……。

 優香はもう恥ずかしさを越えた屈辱そのものの状態で、自分のお尻を待つ騎馬の座席に再び腰を下ろした。中央でクロスした腕に性器が触れた。股間に突き刺さる敵の視線。腰を下ろしても当然短パンは下がったままだった。すぐ目の前の自分の膝に引っ掛かっているのに、後ろ手に縛られた指からは、もうまったく届かないほど遠くへ行ってしまった……。

「ついに全裸だ!」
「全裸騎馬戦なんてもうAVの世界だぜ」
「いや、そのうえ両手縛られてるんだから、これはAV以上だぜ」
「全裸で、頭には赤いハチマキっていうのが何とも堪らないねえ」
「女優さ~ん! 次はどんなことしてくれるんですか~?」
「もちろん男優にフェラ、そして本番、ですよね~!」
「もし男優がいないようだったら俺がやりますよ~!」
「あ、その前に自分でオナニーするシーンがあると嬉しいで~す! 手首縛られた状態でも、後ろから、できますよね~?」
「途中で指で広げて、濡れたおま○こよ~く見せてくださいね~」

 もう背後に集まった男の観客たちの興奮はピークに達していた。彼らはここが学校であることなどすっかり忘れて、完全にAVの撮影所か何かのような気分になっていた。そして目の前で裸で騎馬戦をやっているのは、学校の生徒ではなく、AV女優だった。だから観客たちはもうそのつもりの扱いで、優香にいろいろな野次やら要求やらを飛ばすのだった。

「はやくオナニーしろよ~!」
「もう何百回もやってんだろ?」
「そんなんじゃDVD買ってもらえないぞ~!」
「AV女優なんだからオナニーくらいしてみせろよな!」

(ちがう……あたしは、そんなAVとかの、そういう人じゃないんだから……あたしは、ただ、命令されて、しかたなく……)

 優香は頭を振って必死に否定するのだが、観客の罵声はますます露骨に、激しくなるばかりだった。

 グラウンドに響き渡るオナニーコール。男の観客の熱狂ぶりとは対照的に、遠くから、冷ややかな軽蔑の視線で優香を睨みつけている女の観客や生徒たち。

 こうして、優香は騎馬戦でついに全裸を晒してしまったのだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2011/04/30(土) 08:27:39|
  2. 優香
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

優香 第十二章 16

 味方のいなくなったグラウンド上で、後ろ手に両手を縛られてしまった優香。もはや隠すすべのない裸の乳房を、見守る観衆に晒しながら、さらなる屈辱に堪えなければならない。

 敵の騎馬たちは、四方から優香を取り囲みながら、いまや無防備に晒された彼女のピンク色の乳首をじっと見つめていた。優香は恥ずかしさから、顔をその自分の乳首の色以上に顔を赤く染めた。

「ねえ、もういいでしょ……手を縛って、この通りもう抵抗できないんだから、早くハチマキ取っちゃってよ……」
「そうだなぁ……」と相手の男子は目の前の優香のキレイな乳首をじっと見つめながら答えた。「でもさ、俺いまふと思ったんだけど、さすがにこれじゃ卑怯だよな。女子一人を相手に、男四人がかりで、逃げられないように周りを取り囲んだりして。こんなんで勝っても誰からも誉められないぜ。かえって卑怯者呼ばわりされるのがオチだ」

 そして言い終わるとしばらく黙り込んで何やら考えていた。優香には相手の意図がまったくわからなかった。

「よし、じゃあこうしよう!」とやがて突然相手が言った。「こうしよう、今からお前に一度だけチャンスをやる。十秒待つから、その間に逃げるんだ。十秒経ったら、俺たちは追いかける。そして今度こそ、正々堂々、勝負ってわけだ。な? それなら公平で、誰も俺たちを卑怯だなんて言えないだろ?」
「え? なに、どういうこと……?」

 この手を縛られている状態で、何が公平なのか、何がチャンスなのか、優香にはまったく理解できなかった。しかしそれを相手に抗議している暇はまったくなかった。その、チャンスだという意味不明な十秒間は、早くもカウントされ始めていたのだから。

「い~ち、に~い……」

 そしてまた、たとえ抗議できていたとしても、乗り手に過ぎない優香には、カウントと同時に、すでに走り始めていた自分の騎馬の動きをどうすることもできなかった。

「さ~ん……」

 背後で遠ざかっていく敵の掛け声。

「ねえ、ちょっとどこ行くの? どうするつもり? いくら遠くに逃げたって、絶対に勝ち目はないんだよ。手を縛られちゃってるんだから……」
「知るかそんなこと!」と優香を乗せて走りながら、騎馬の一人が言うのだった。「こうやって時間稼ぎをしている間に、何かいい案が浮かぶかもしれないだろ?」
「浮かぶわけないよ……こんな腕がまったく動かせない状態で、いったいどうやって相手のハチマキ奪えっていうの? ね、戻ろ? 戻っておとなしく降参し……キャッ!」

 そのとき優香は馬上で体勢を崩してしまった。後ろ手に両手を縛られ、どこにも掴まることが出来なかったので、バランスが取りにくくなっていたのだった。前のめりに崩れた優香の上半身は、そのまま目の前の男子の方に倒れ掛かり、その男子の頭を、二つの乳房で挟み込んでしまった。

「気をつけろ! おとなしくしてねえと地面にぶっ倒れるぞ!」

 そして言いながらその男子は頭を後ろへ振り向けた。

 すると、その振り向いた顔のちょうど口のところに、何やら柔らかい突起物が当たった。ん?……と思いながら、彼は舌を出してちょっとその突起物の感触を確かめてみる。柔らかいが、弾力性のある丸い突起……。言うまでもなく、それは優香の乳首だった。倒れ込んできた優香の左の乳首を、唇で触れ、そして舌でちょっと舐めたのだった。

「いやぁぁぁッ……!」
「そんなこと言ったって、倒れたお前が悪いんだぞ! 俺はただ心配して振り向いただけなんだからな」

 そう言う彼の唇は、いまだ優香の乳首に触れ続けている。憧れの田辺優香のおっぱいが、いま自分のすぐ目の前にあり、そしてその乳首が、いま自分の唇に触れている……。彼はもう一度、舌を出して、今度は感触ではなく、その味を確かめてみる。

「いやぁぁ……やめて! 振り向かないで……」

 そして優香は渾身の力を振り絞って、何とか背筋の力だけで、上体を起こすと、男子に舐められた自分の左の乳首を見下ろした。その薄いピンク色の乳首は、その尖端が、ちょっと濡れて輝きを帯びていた。そしてさらには敏感に、少し硬く立っているようにも見えた。

(やだ、どうしてこんなふうになっちゃうの……恥ずかしい)

 しかし、いくら恥ずかしいと思っても、その恥ずかしさの原因である乳首を隠すことは不可能だった。恥ずかしい乳首を、恥ずかしい状態のまま、人前に晒し続けていなければならないのだった。

 優香は今さらながら、この自分の置かれている状況の惨めさを、はっきり認識するのだった。

 そしてそんなことをしている間に、気がつくと、すでに約束の十秒間は過ぎてしまっていたらしかった。カウントを終えた敵の騎馬四体が、元の位置を離れて、こちらへ向かって来ていた。

 やがて敵はどんどんこちらへ突き進んでくる。優香の騎馬も負けじとグラウンド上を必死に逃げた。その猛スピードで逃げる味方の騎馬の上で、完全に御輿状態になった優香の体は、激しく上下に揺り動かされ、そしてそれ以上に激しく、裸の乳房を前後左右に揺らされるのだった。

 その様子を見た観客席からは、卑猥な野次が飛び交った。

「いいぞ! その調子でもっと揺らせ!」
「ナイスおっぱい! 今度はもっとこっちに来て見せてくれ!」
「キレイなピンク色の乳首が堪らないねえ」
「そのまま学校の外まで出ちゃいなよ!」

 そうした卑猥な野次や、笑いや、ひそひそ声が、グラウンド中に響き渡った。そうした悪意のこもった視線を一心に(自分の裸の乳首に)浴びていることを感じていても、優香はただ顔を伏せることしかできなかった。じっと唇を噛み締めながら、涙を堪えるのが精一杯だった。

 やがて逃げ続けていた優香の騎馬は、グラウンドの端で立ち止まった。低くロープで仕切られた、そのグラウンドの端までたどり着いてしまうと、もうその先に逃げ道はなかった。振り返ると、後ろからは、敵方の四つの騎馬が大きく横に広がって、もうすぐそこまで迫って来ていた。そしてもう一度前を向くと、前方は、ロープの向こうからじっと優香の裸を見つめている観客の壁だった。さっきまであまり人のいなかったはずのその位置に、いまは大勢の人間が(大半は男の観客や男子生徒たちだった)移動して見に来ていた。そしてその位置からだと、もう至近距離から、優香の裸を見ることができた。揺れ動く白い大きな乳房の形から、かわいらしい乳首のピンク色まで、仔細に観察できるのだった。顔を真っ赤にして恥ずかしがるその表情まで、はっきり見ることが出来た。

(みんな見ないで……! これじゃあ、さっきより悪い状況じゃない……)

 優香は自分を恥ずかしがらせようと、じっと胸を凝視してくる男たちの熱い視線を嫌というほど感じながら、心の中で思うのだった。

(さっきよりひどい……これじゃあまるで昔の……)

 と優香が考えかけていると、まるでその彼女の考えていたことが乳首を透して見えたかのように、目の前にいた一人の観客が、突然こう言い出した。

「まるで昔の拷問みたいだな」

 すると隣にいた友人が、

「だとすると、名前は、まあ、はだか御輿の刑ってところだな」

 と、笑いながら答えた。

(はだか御輿の刑……あたしは何も悪いことなんかしてないのに、ただ命令通りに騎馬戦に参加しただけなのに、それで、こんな恥ずかしい罰を受けなくちゃいけないなんて……)

 優香はもう生きた心地もしなかった。

 しかし刑はこれで終わりというわけではなかった。刑の執行者たちが、彼女をさらなる羞恥の地獄へ陥れようと、後方から、騎馬に乗ってやって来ているのだった。彼らはもうすぐそこまで近づいていた。
  1. 2011/04/28(木) 12:04:09|
  2. 優香
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

優香 第十二章 15

 ついに残りの一騎にされてしまった優香。観客・生徒でいっぱいのグラウンドの真ん中で、男子用の白い短パンを穿いただけの上半身裸の格好で、つまり丸出しの大きな胸を観客に晒したまま、競技を続けなければならないのだった。

 味方の騎馬かいなくなって急にがらんとしてしまったグラウンド上。取り巻く観客の顔が、一人一人、いまは遮るものもなく見通せた。ということはつまり、観客たちの方からも、同じようにこちらの様子が(騎馬上の優香の顔や、背中や、露わな胸が)ありありと見通せるに違いなかった。

(どうしよう……みんな見てる……恥ずかしい……いや、来ないで!)

 必死に恥ずかしさに堪えながら、胸を隠して縮こまっていた優香の方へ、やがて敵の騎馬がぞろぞろと近づいてくる。敵方はまだ四騎も残っていた。その四騎が、四方から、優香を取り囲みながら、口元にいやらしい笑いを浮かべて近づいてくるのだった。

(早く倒して……あたしは何も抵抗しないから、ハチマキを取って、早くあたしを解放して……!)

 こう心の中で強く願いながら、優香は、迫ってくる敵を待ち構えるのだった。


 一方その頃、観客席ではすでにグラウンドにいる上半身裸の優香の存在に気づき始めていた。先程までの声援が、いまは異様なざわめきとなって観客席に広がっていた。

「ねえ、あの子……ほら赤いハチマキの一人だけ残ってる子、あれ、女の子じゃない?」
「え? そんなわけは…………まあ、やだ! ホントだわ……!」
「なんで女の子が男の子と一緒に騎馬戦に参加してるのよ、それも……上半身裸になって……」
「胸を隠してるから見えないけど、あれきっとブラジャーもしてないわよ」
「え?……ってことは、おっぱい丸出し……? なんでそんな格好で騎馬戦に参加してん……」
「ほら、朝から一人いたじゃない? 3年の女子で、やたらピチピチしたいやらしい体操服着てた子が……覚えてない?」
「あああの……(と言ってその40近い保護者の女は不潔なものでも見るように顔をしかめた)、あの、股のところに切れ目の入ったいやらしいブルマーを穿いた……」
「そう、あの露出狂のバカ娘よ。さっきは観客に性器……いや、丸見えの股間を見せたから、今度は胸を見せようっていうつもりなのよ、きっと」
「最低の女ね。若いからって何でも許されると思ったら大間違いよ。あたしちょっと先生に文句言ってこようかしら。あんな子が同級生にいるなんて、うちの娘に悪影響だわ」
「そうね、ちゃんと言っておいた方がいいわね」

 このような会話が、観客席の、主に母親たちの間で交わされていた。対する父親たちの方は、女たちのヒステリックな言葉に黙ってうなずいていたが、しかし視線はじっとグラウンドへ向けて離さず、食い入るようにその裸の女子生徒を見つめているのだった。そんな男たちの下心ありげな視線が、女たちの怒りと嫉妬を、さらに掻き立てるのだった。

 しかし当のグラウンド上では、嫉妬と興奮のそんな観客の視線が向けられているとも知らず、騎馬戦は最後の大詰めを迎えようとしていた。

 グラウンド上に残り一騎になった優香は、すでに周囲を四体の敵の騎馬に囲まれ、どこへも逃げ場のない状態になってしまっていた。騎馬戦本来の目的物であるハチマキは無防備のまま防ごうとせず、ひたすら胸を押さえ隠そうとしているのだった。敵はもう彼女のハチマキに簡単に手が届くところまで来ている。

「ねえ、どうしたの……早くハチマキ取ってよ。あたし何の抵抗もしないから……!」
「いやいや、そんなこと言って、俺たちが油断した隙を狙おうって計算だろう。その手には乗らないよ」
「そ、そんなわけないじゃない……」
「いや、油断大敵って言葉があるからな。ここはじっくり慎重に、攻めないといけないぞ」
「そ、そんな……」
「よし、じゃあ、万全を期して、まずはこいつの両手をつかまえろ!」
「え? 両手を……? いや、やめてぇぇ!」

 と震えながら悲鳴を上げる優香だったが、そんなことにはお構いなく、その間に、早くも敵は作戦を実行に移していた。

 嫌がる優香の両腕を、二人掛かりで、左右から、片腕ずつ優香の胸から引き剥がす。優香の必死な抵抗も、男子の力の前には成すすべもなかった。実に簡単に、あっさりと、両腕を取られてしまい、そして彼らの前に、丸裸の、大きくて白い、女子の乳房と、恥らうピンク色の乳首が、やわらかくこぼれ出た。

「いやぁぁぁ!」

 優香は掴まれた両腕を必死に振りほどこうとするが無駄だった。筋肉質な男子の太い腕はビクともしなかった。どんなに激しく抵抗しようと、まったく無駄で、代わりにもうただでさえ丸出しにされて恥ずかしい自分の乳房が、余計にいやらしく、ぷるんぷるんと、視線の先で揺れるだけだった。優香はその揺れ動く自分の乳房を見て恥ずかしさに耳まで真っ赤になってしまう。ピンク色の乳首が、揺れながら、あっちこっちの方向を向いて、それはあたかも男子たちに媚を売っているようだった……。

 優香は抵抗をやめた、というより、もはや抵抗することさえ出来なかった。後ろ手に両手を縛られ、乳首まる出しの状態で、これから自分を待ち受けている屈辱を、脅える目で見据えるより他しようがなかった。

 しかしその彼女を待ち受けている屈辱は、彼女がこのとき想像した以上の堪えがたい屈辱、果てしない羞恥であることを、彼女はまだ知らなかった。

 不安ではち切れそうになった優香の胸の尖端で、ピンク色の乳首が頼りなげに細かく震えていた。さらにはグラウンド上を吹き抜ける冷たい風が、容赦なく、その敏感な彼女の乳首を撫でるのだった。
  1. 2011/04/28(木) 07:38:21|
  2. 優香
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優香 第十二章 14

 騎馬戦で、対峙した敵の男子に両手を掴まれたうえ、上半身裸の乳房をいやらしく触られまくる優香。接近する騎馬の上で、丸出しの自分の乳首を、相手の男子の指が執拗にいじり続ける。優香にはもう自分の丸出しの乳房を隠すことができない。丸出しの大きなおっぱいを、観客の見守るグラウンドの真ん中で、ぷるぷる揺れるままに晒しているよりほかなかった。


「やめて……やめてよ、触らないで……!」
「やだね。そんな堂々とチチ丸出しにしといてなに言ってやがるんだ。ホントはこうやって揉んでほしかったんだろ? みんなあたしの胸を見て、あたしのいやらしい乳首を舐めてって、思ってるんだろ?」
「ち、ちがう……そんなわけないじゃない……!」

 相手は優香の恥ずかしがる表情を見ていっそうの欲情を募らせる。やがて、優香のピンク色の乳首の方へ(相手にいじられ続けて固くピンと突き立ってしまっていた)その男子生徒の顔が近づいてきて、舌を出して優香の乳首を舐めようとした。

「いやぁぁッ……!」
「ほらほら、そんなこと言ったって、乳首の方は舐めてくださいといわんばかりに硬くなっちゃってるよ。ホント素直じゃないねえ」
「やめて……お願いだから……!」

 優香は泣き顔で必死に頼み込む。近づいてくる男子の舌を逃れようと体を激しく横に振る。しかしそうすることで彼女の大きな二つのおっぱい(ピンク色の二つの乳首)は、男の目の前でぷるんぷるん揺れ動き、かえって男の食欲をそそってしまうことになった。

「へへ、そんなにおっぱい揺らされたらよけいに食べたくなっちゃうよ」
「やめ……て……」

 もう乳首を舐められてしまうまで5センチ、突き出された男の舌が、優香のピンと立った乳首の尖端に達しようというときだった。そのとき(優香はもう半ばあきらめて乳首を舐められることを覚悟して身構えていたが)そのとき、突然その男子生徒の背後に、一つの腕が伸ばされ、男子の頭からハチマキを奪い取ってしまった。

「なに……!」ハチマキを奪われたことに驚き、舌を出したまま振り返る相手の男。

 見るとそのハチマキを奪ったのは、優香のクラスの男子生徒だった。彼は優香の危機に気づくや、すぐに駆けつけて助けに来たのだった。彼は奪い取ったハチマキを見せつけながら相手の男子生徒に言う。

「おい、ハチマキ取ったぜ。だから早く降りろよ」
「クソッ! あともうちょっとのところだったのに、邪魔しやがって……」

 そう言うとその負けた男子生徒は騎馬から下り、何度も優香の方を振り返って見上げながら(遠ざかっていくおいしそうな乳首……)がっくり肩を落として退場した。

「あ、ありがとう、助けてくれて……」

 危機が去ると優香は自分を救ってくれた男子に言った。

「なに、構わねえよ。言ったろ? みんなでお前を守るって」
「うん、あたしたち、仲間だもんね」
「そう、仲間だ。それに、田辺優香の乳首は俺たち2組のものだからな。他の組のやつには指一本、いや、舌一本触れさせない」
「…………」

 純粋に感謝の気持ちを抱いていた優香はその男子生徒の言葉にがっかりした。自分を救ってくれたのはクラスメートとしての友情からではなく、ただ単にあたしの裸(舐められる寸前だったあたしの乳首を)を、自分たちで占有したいためだけだったんだ……。


 と、二人がそんなやり取りを交わしている間にも、周囲では戦いが激しさを増して進行し続けていた。

 そしてもう相手の騎馬たちは、敵の中に裸の女子(おっぱい丸出しの優香)が紛れていることに気づいたらしかった。

「おい、見ろよあれ」
「お、女子じゃねえか。上半身裸の女子がいるぞ」
「おっぱい丸出しで騎馬戦やってらあ」
「よし、そんなら俺たちはあのおっぱい目指して突撃だ!」

 すると敵の騎馬が一斉に優香のもとへ押し寄せてきた。そしてわれ先にと腕を伸ばして優香の(ハチマキではなく)乳房を掴もうとするのだった。何本もの手が優香の丸出しの胸に飛び掛ってくる。味方の男子が懸命にそれを守ろうとする(守りながらときどき優香の胸を触りはしたがそれでも一応は守ってくれた)

 が、優香一人を守りながらの戦いは、戦術的にはあまり上手な戦い方とはいえなかった。優香を守ろうとすることで自身の守備は隙だらけになってしまっていた。だからその隙をついて相手にハチマキを奪われてしまう。優香の周りからは一つ、また一つと、味方の騎馬が消えていく。状況は完全に劣勢だった。そして、相手のそんな劣勢のなかで、敵の男子生徒は誰一人として優香のハチマキを奪い取ろうとはしなかった。

(ねえ、誰かあたしのハチマキ取ってよ……このままじゃ、あたし一人になっちゃうじゃない……)

 だが彼女のそんな願いも虚しく、優香のハチマキはその後も頭に巻かれ続けた。

 やがてついに味方の最後の一騎も敗れて、残るはとうとう優香の乗る騎馬ただ一つになってしまった。

「わりぃ。守りきれなかった。あとはお前一人でなんとか頑張ってくれ」
「ちょっ……! そ、そんな……」

 グラウンドを退場していく味方の後ろ姿を、悲しそうに見送る優香の暗い眼差し……。

 こうして優香は、参加させられた騎馬戦で、考えうる最悪の状況に陥ってしまったのだった。
  1. 2011/04/28(木) 07:38:01|
  2. 優香
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。